FXで大きな損失を出さないために

subpage1

FXはレバレッジをきかせて自己資金に比して大きな金額のトレードができます。

それ故に大きな利益を得る可能性もありますが、自己資金を超える大きな損失が出てしまう可能性もあります。
自身の許容範囲を超えた損失を出さないためにいくつかのポイントがあります。


まず第一に逆指値です。細かいスキャルピングやデイトレードであればともかく、ある程度の期間保有することを前提としているポジションは必ず逆指値を入れる事を心がけましょう。

含み益が出ているようなポジションや、スワップポイント目的の長期保有ポジションに関しては定期的に逆指値の値を見直すことも大切です。

そして経済指標です。

例えば雇用統計や政策金利の発表をするタイミングで通貨は大きく変動します。
またそれに伴ってほとんどのFX会社でスプレッドが大きく開いてしまいます。

大きく利益を得るチャンスでもありますが逆もあります。



大きなイベント前にはポジションを整理しておいたり、スプレッドの拡大も予想して逆指値の値を見直しておくことが大事です。



また欧米時間のイベントは日本では深夜帯にあたることも多いので気をつけましょう。

エキサイトニュースの情報をまとめました。

もっとも大事なのが身の丈にあったトレードを行うことです。

FXで大きな損失を出す人の多くが証拠金に対して多くのlotを抱え、相場が想定外の大きな価格変動が起こった際にロスカットが発生してしまうというパターンです。
そうならない為にも余裕を持ったトレードを行うことが必要です。